歯科衛生士として働く

歯科衛生士の国家試験を合格したら求人はどれくらいある?

歯科医院は多くあり、様々な医院で求人募集をおこなっています。求人には国家資格が必要な歯科医や歯科衛生士などや、医院の受付など事務職の募集もあります。交通の面などで移動が大変な場所などそのような点に目をつむれば、歯科衛生士の求人は多いです。しかし、その際に問題になるのが専門学校などのキャンパスに通っている学生の就職活動になります。
学生が就職活動を行う時期は、新卒の採用を行うか行わないかが決まってくる、9月から10月からがちょうどいい時期になりますが、年明けに行われる国家試験のことも考慮しなければいけません。そのため、試験対策を行うためにも12月には面接を終えて就職先を決定できていることが理想的になります。そして、ここで注意することが内定が決まるのは、歯科衛生士の国家試験に合格することが前提であるということです。いくら内定が決まっていても、国家試験に落ちてしまっては意味がありません。このようなことがあるので、就職活動は試験が終わってから行う人も一定数はいます。歯科衛生士の資格がなければ、歯科衛生士として働くことはできないので、この点に注意しましょう。

試験に合格すれば歯科衛生士として歯科医院からの求人が多くある

歯科衛生士の国家試験に合格すれば、歯科医院から求人は多くあるので応募し放題に思えますが、新卒かそうでないかで注意が必要になります。新卒の場合には、歯科衛生士として働いた経験がないので、医院側で受け入れ態勢や教育の体制が整っていることが重要です。そのためには、新卒募集を行っている医院を選ぶ必要があります。新卒募集でない場合、教育体制が整っていなかったり業務に関する相談ができなかったりなど、未経験の場合にはつらい職場になってしまうこともあるので、気をつけましょう。
経験者の場合でも注意が必要であり、それはブランクがある場合です。歯科診療技術は時代と共に技術の向上や知識などが変化していきます。そのため、ブランクがある場合は講習会などに参加して、再度勉強して復習したり新しい知識や技術を身に付けることが必要になったりもします。このようなことがあるので、歯科衛生士の資格を取得したからと言って、必ずしも就職できるとは限らないので気をつけるようにしましょう。経験者は今までの経験と、そして新しい知識などを向上心を持って身に付け、仕事に取り組む姿勢が大切になります。