歯科衛生士の求人応募の前に確認したいこと

歯科衛生士の求人応募の前に歯科医院を見学!

一般企業では求人応募の前に見学を行っている会社は少ないですが、歯科医院では事前見学を受け入れているところが少なくありません。
もし、気になる歯科医院がある場合は、求人応募の前にまず見学の申し込みすることをおすすめします。その際、申し込みは電話のことが多いと思いますが、なるべくお昼休みに電話し、仕事の邪魔をしないことが大切です。見学の日当日には、持っている人は白衣と同じ日に面接がなくても履歴書を持参しましょう。
もし、見学した歯科医院を気に入った時にはその場で面接の申し込みをするためです。

歯科医院の見学する際には、院長、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、受付など、どのようなスタッフが働いているのか、スタッフ間のコミュニケーションは良さそうか、まず確認することが大切です。
また、院内の雰囲気や患者さんの健康を守る衛生面や滅菌に関してどの程度配慮されているのかも気になるところです。

そのほか、見学が短い時間であっても、どういった年代の患者さんが多いのか、混み具合はどうか、どのような治療を行っているのかなど、ホームページや求人票では得られない情報を自分の目できちんと確認してくることが大切です。

歯科医院で歯科衛生士になりたい!面接で聞かれる質問内容は?

歯科衛生士の面接でよく聞かれることは、まず、なぜこの歯科医院を選んだのか、なぜ歯科衛生士という仕事を選んだのか、といった志望動機に関する基本的な質問は必ず聞かれます。
志望動機に関する質問では、応募した歯科医院のどこに魅力を感じたのか、どのような貢献をしていきたいのか、歯科衛生士としてどう成長していきたいのかなど、きちんと伝えることが大切です。

これまで別の歯科医院で働いていた場合には、経歴や仕事内容、退職理由なども聞かれると考えられますので、面接相手が納得するような説明を心がけましょう。
また、給与額や残業への対応、出社開始日など希望する勤務条件も双方にとって重要なことですので、自分の希望を事前にきちんと整理しておくことが大切です。志望動機や勤務条件に関する質問のほかには、応募者の人物に関する質問をされるケースも少なくありません。

例えば、長所や短所など、どのような性格なのかという質問です。長所と少し似ていますが、あなたの強みについて聞かれることもあります。その場合は、意欲を伝えるだけでなく、長所や強みがどう仕事に活かせるのかまできちんと自己分析した上で面接に臨むことが大切です。

歯科衛生士として働く

歯科衛生士の国家試験を合格したら求人はどれくらいある?

歯科医院は多くあり、様々な医院で求人募集をおこなっています。求人には国家資格が必要な歯科医や歯科衛生士などや、医院の受付など事務職の募集もあります。交通の面などで移動が大変な場所などそのような点に目をつむれば、歯科衛生士の求人は多いです。
しかし、その際に問題になるのが専門学校などのキャンパスに通っている学生の就職活動になります。

学生が就職活動を行う時期は、新卒の採用を行うか行わないかが決まってくる、9月から10月からがちょうどいい時期になりますが、年明けに行われる国家試験のことも考慮しなければいけません。そのため、試験対策を行うためにも12月には面接を終えて就職先を決定できていることが理想的になります。
そして、ここで注意することが内定が決まるのは、歯科衛生士の国家試験に合格することが前提であるということです。いくら内定が決まっていても、国家試験に落ちてしまっては意味がありません。

このようなことがあるので、就職活動は試験が終わってから行う人も一定数はいます。歯科衛生士の資格がなければ、歯科衛生士として働くことはできないので、この点に注意しましょう。

試験に合格すれば歯科衛生士として歯科医院からの求人が多くある

歯科衛生士の国家試験に合格すれば、歯科医院から求人は多くあるので応募し放題に思えますが、新卒かそうでないかで注意が必要になります。
新卒の場合には、歯科衛生士として働いた経験がないので、医院側で受け入れ態勢や教育の体制が整っていることが重要です。そのためには、新卒募集を行っている医院を選ぶ必要があります。新卒募集でない場合、教育体制が整っていなかったり業務に関する相談ができなかったりなど、未経験の場合にはつらい職場になってしまうこともあるので、気をつけましょう。

経験者の場合でも注意が必要であり、それはブランクがある場合です。歯科診療技術は時代と共に技術の向上や知識などが変化していきます。そのため、ブランクがある場合は講習会などに参加して、再度勉強して復習したり新しい知識や技術を身に付けることが必要になったりもします。

このようなことがあるので、歯科衛生士の資格を取得したからと言って、必ずしも就職できるとは限らないので気をつけるようにしましょう。
経験者は今までの経験と、そして新しい知識などを向上心を持って身に付け、仕事に取り組む姿勢が大切になります。

歯科衛生士の求人状況

英語ができる歯科衛生士の求人はある?

近年、日本は海外からの観光客の数が多くなっています。国の政策でも各市町村での誘致を行っている事もあり、年々その数は増え続けています。また、2020年の東京オリンピックに向けて様々な準備が行われている事を考えるとここ数年は非常に多くの外国人が日本を訪れるでしょう。その為、歯科医院のあり方としても日本人を対象にするだけでなく、外国人にも少なからず対応する事ができなければなりません。そこで、歯科衛生士の求人としても、必須ではないものの、英語ができた方がより良い条件の求人にたどり着く可能性が出てきます。特に、東京や大阪、京都など観光地が多く、世界的にも知られているようなエリアでは、クリニックのあり方として様々なイレギュラーな案件にも対応できる事が求められます。実際、海外から来られる方は、日本という風土に体が急に適用できない場合が非常に多く、病院や歯科医院の利用が増えています。その為、多くの医療機関が掲載されているような大手の求人、転職サイトに登録する際に、自分の個人プロフィールなどを入力する際には、自分の有する資格として英語力を申告する項目もあります。

産後でも経験年数があれば歯科衛生士として勤務できる?

結婚や妊娠を機に歯科衛生士を休職してしまった方の中には、3語などに少し落ち着いてきたので現場に復帰したいという方もおられると思います。そのような方でも、勤続年数が長ければ長いほど、求人の数は多くあります。歯科助手に比べ歯科衛生士は、歯科医院で行える医療行為の幅が広いため、需要としては非常に多いと言えます。歯科医師のサポートとして診療する事もできます。また月給など待遇面に関しても、歯科助手に比べて安定していますし、1か所のクリニックだけで働くのに抵抗があるのであれば派遣として複数の勤務先で働く事も可能ですので、選択肢としてはかなり多いはずです。効率的に歯科衛生士としての働き口を探したいのであれば、求人サイトを利用した方が良いです。多くの候補先から希望エリアや希望待遇など自分の条件を元に最適な勤務先を見つける事ができます。自分だけで見つけようとするとホームページなどの採用情報などを一つ一つチェックしながら行わなければなりませんし、ホームページ上の情報というのは誰でも閲覧できるので詳細な条件などを把握できない事も多いです。求人サイトを利用しながら自分に最適な勤務先を見つけましょう。

歯科衛生士になるために

歯科衛生士になるために専門学校や短期大学で学ぶ

歯科衛生士となる為の学ぶ場の中心は主に専門学校や短期大学となります。
専門学校の場合、3年制の昼間部が主流ではありますが、社会人の方が通う事を考慮している学校の場合は夜間部の設置が増えています。学費は3年間で250万円から300万円ですが、あくまでも平均値ですので、学校によって違いがあります。また歯科衛生士になる為の資格を得るためのサポート体制に関しても学校によって様々です。
専門学校とは別に大学や短期大学でも歯科衛生士を目指すことができます。4年制の大学は歯学部口腔保健学科や、歯学部口腔健康学科がある大学、短大の場合は3年制の短期大学となります。進路の選択で、4年制の大学を選ぶか3年制の短期大学や専門学校を選ぶか迷う場合があると思いますが、資格取得に関して、また就職する際の有利不利などはありませんので、違いはほとんどないと言っても過言ではありません。
大学のキャンパスでは多くの事を学ぶ事ができますが、3年制の短期大学や専門学校であれば、早く実習として現場に出ることができますので、多くの経験を積むことができます。自分の目標を熟慮した上で学校を選びましょう。

学科で歯科衛生士の専門的知識を学ぶ

歯学科では、大きく分けて基礎分野、専門基礎分野、専門分野を学びます。基礎分野では、一般教養や社会福祉学、コミュニケーション論や歯科英語、自然科学の生物などを学びます。最近では多くの外国人が日本を訪れていますので、英語などを学ぶ必要性が高まっています。専門基礎分野では、歯や口腔の事だけ学ぶのではなく、消化器、肺、脳や神経についても学ばなければなりません。また解剖学や薬理学に関しての知識も得なければなりません。専門分野では、歯科衛生士として働くための知識を学びます。歯科衛生士概論や保存修復学、歯内療法学、口腔外科学、歯科材料学、歯科放射線学、栄養指導学、高齢者歯科学など歯科衛生士として歯科医院などで働く為の知識を学びます。どの学校で学ぶ事を選択したとしても、入学する為には入試を通過しなければなりません。平成30年度の入学願書は学校事に提出期限が違いますので、自分が行きたいと思う学校をみつけたなら詳しい情報などを早めに集めておいた方が賢明です。学校によって入試の傾向なども違いがありますので、将来の職業として歯科衛生士を目指す為の準備はしっかりと行いましょう。

歯科衛生士の特徴と魅力

仕事をしながら夜間で求人が安定している歯科衛生士の資格を取りたい!

歯科衛生士は、患者の健康な歯を守るために非常に大きな役割を果たしています。専門知識や高度なスキルを身につけるために、アルバイトをしながら夜間の専門学校に通っている人も少なくありません。歯科衛生士のアルバイト求人は比較的多く、勤務時間についても融通が利きますので、学校の授業予定に合わせて効率的に学ぶことが可能なのです。
夜間の時間帯に歯の仕組みや最新の治療法、クリーニング方法などについてしっかりと勉強することによって、普段の病院での仕事にも大いに役立つというメリットもあります。技術を習得することで自分にも自信を持てるようになりますし、国家資格をスムーズに取得することにもつながります。就職にも有利となりますので、求人の多い歯科衛生士に転職を希望している人にとっては、非常に便利で役立つ方法といえます。
このように、夜は専門学校、日中は歯科医院でのアルバイト勤務と使い分けることによって、生活を維持しながら効果的に歯科衛生士国家資格を取得することができるのです。歯科医院アルバイトの時給も比較的高額なため、経済的にも安定した生活を送ることが可能といえます。

歯科衛生士の勤務体系と給料はどう?

歯科衛生士は、正社員とアルバイトなどさまざまな働き方があります。ライフスタイルに合わせて自由に選べる点も大きな魅力となっています。月給は毎月安定していますので、経済的にも余裕を持って働くことができるのです。また、交通アクセスの良い職場をじっくりと事前に選ぶことで、毎日快適な環境で過ごすことが可能です。
さらに、歯科衛生士の勤務体系としては朝から夕方頃までの勤務時間が多いため、夫や子供がいても働きやすい労働環境といえます。出産や育児休暇なども完備している職場が多いため、出産後に復職している歯科衛生士も年々急速に増加してきているのです。短時間勤務などを推進しているところもあり、都合に合わせて勤務時間を選ぶことも歓迎されています。清潔で明るい空間は、女性からも圧倒的な支持を得ているのです。
このように、給料も比較的高く休暇もしっかりと取れる上、残業も少ない歯科衛生士の仕事は、幅広い世代から親しまれています。今後もその人気と満足度はますます高まっていくと見られています。資格をとることによって手に職を持ちたいと願っている人々からも選ばれているのです。