歯科衛生士の資格に合格するためにおすすめの教材は?

歯科衛生士の国家試験に合格するためには、毎年改訂される国家試験基準に準拠した教材であることが大切です。

学校で指導してもらう内容にしっかりと合っていると、学んだことがより身につきやすくなります。歯科衛生士の基礎と臨床を組み合わせて学習することで国家試験に合格する基礎と応用力が身につくのでお勧めです。

歯科衛生士の仕事は国家資格となり、専門課程を学習し試験に合格しないとなれない職種で専門性が高い仕事になります。
パートとして自分の働きたい時間に働けることはもちろんですが、正社員で雇用してもらうことができる職種です。

独身のうちは正社員で働き、結婚して子供ができたら、パートとして余裕を持って働くなど、フレキシブルに働き方を選べるのが人気を得ています。国家試験問題集は、各年度別で販売されているので過去問題を解くことで対策を取ることができますし、自分の苦手分野を知ることもできます。

苦手分野は、キーワード問題集などを利用して深く学習するとより理解を深めることに役立つので計画的に学習をしてください。
合格率も毎年96パーセント以上の高い試験ですので、基礎があれば十分合格できるでしょう。

求人サイトの検索方法は?

歯科衛生士の資格があれば、歯科医院や大学病院の歯科部門などで働くことができます。歯科医院は街のあちこちにありますが、直接ポスターなどで求人しているのは少ないので、求人サイトを使って探すことが効率的です。

自分が住む地域や働きたい地域で歯科衛生士の求人をしているホームページがあります。
働く条件や待遇などこだわりの条件で検索することができるので、たくさんある歯科クリニックの中でも自分の条件に合う職場をさがすことができるのです。
気になるクリニックは、歯科クリニックのホームページより詳しく内容や職場の雰囲気を知ることができます。

医療関連に特化した求人サイトをつかうとより条件を詳しく検索することが可能です。地域に強い求人サイトでしたら、地域ならではの情報が見つかります。
どの求人サイトも掲載期間は限られているので、気に入った求人がみつかったらなるべく早く行動に移すことがお勧めです。

ライバルに仕事をとられないように、なるべく早く応募してみましょう。
個人で経営している歯科医院の場合には、応募から採用までは比較的スムーズに決まります。求人情報を見極めて、自分に合った職場を探してみてください。

歯科衛生士の志望動機

受かる新卒の歯科衛生士の志望動機のポイント

受かるために就職活動では自分の志望動機をわかりやすく説明する事が重要です。
求人では給料などの記載もあるため、働く事を考えた時にその点は重要です。

しかしながら、志望動機が曖昧であったり、給料の事だけであれば、採用率は低くなります。そのため、明確な志望動機を伝える事が重要です。
例えば、患者さんの意見をしっかりと聞いて診療を行う姿勢などを述べる方もいます。

また、最新の医療設備が導入されている点に着目して意見を述べる事も可能です。初日から安心して働く際に欠かせない事は、同僚との意思疎通であると答える方も多いため、スタッフの対応なども合わせて決める事が重要です。

歯科衛生士同士のコミュニケーションは勿論ですが、自分の理想としている対応をしている歯科衛生士が多い医療機関では、その点も踏まえて受け答えできる事で、判断される事も多いです。
全ての歯科医院ではないですが、歯科衛生士に関しては担当患者がいないところが多いです。

そこで、どの方にも適切な対応が大事になるため、歯科衛生士同士でコミュニケーションが大事になります。
その点が上手くいきと仕事もスムーズに進むため、その点も意見を言えると良いでしょう。

ちなみにパート求人の初任給はいくらなの?

歯科衛生士の資格を取得した方のなかには、子育てなどをしている方も多いため、正社員ではなくパートとして働く事を希望している方が多いです。

誰でも簡単に働く事ができる仕事ではないため、時給は1000円以上のところばかりですので、安心です。残業をする事になった際にもしっかりと支払われる事が多いため、働きやすい環境が整っている歯医者が多いです。初日にも説明等があるところも多いですが、一年毎に時給が上がるところもあります。

正社員であれば、月給が20万以上のところが多く、賞与も支払われるため自分のあった歯科医院であれば、長く働く方が多いです。

そして、初めてパートで働く際には1ヶ月ほど試験期間としての契約で対応するところもあります。
全てではないですが、時給も試験期間だから安いという事がない場合が多いですので、この期間に双方がこの場所で働けるかどうかを見極めるという事が可能です。

なお、一度経験した方などは実績などを考慮し、記載されている時給よりも高い時給で採用してもらえる事もあります。

資格がある事で全国で働く事ができるため、歯科衛生士の資格を取得したいと思う方は増えています。

パートと正社員の働きかた

歯科衛生士のパートのメリットは休憩時間

歯科衛生士として働く際にはパート勤務を選ぶ人も多くいます。
その最大のメリットの一つが休憩時間で時間給のパートの場合、その間に休憩時間があるとその分だけお得になります。
休憩時間も時間給に含まれるためです。したがって採用されるときに労働条件などをよく確認しその上で応募することが望ましいです。

なお昼休憩時間は医療機関の場合にあっては長めにとる場合が多く、その時間も給与に含まれます。就業に関する拘束時間に当たるためですがこの休憩時間が長いことで、近隣に住んでいる場合などは子供の対応に当たれるなどのメリットが生まれるわけです。
働く際にはなるべく近隣地域での歯科医療機関が望ましくパート勤務の場合は条件に合致したところを見つけやすい点もメリットになります。

なお正社員等の場合で加入をする社会保険や厚生年金は場合によってはパートでも加入をする場合がありますので、労働条件の確認は必須です。

特に配偶者の手取りが減る可能性があることからその点に思いを致して応募することが望まれます。
週休などの条件もよく確認をすることが必要で、子供が小さいなどの場合における年次有給休暇取得も考慮すべきことです。

歯科衛生士の正社員のメリットは給与

正社員として歯科診療所などで働く場合特に東京都の場合は、通勤にかかる時間が長くなりがちであるため転職時などはそのことを考慮して行動する必要があります。

経験者の場合それまでの経験に加味した賃金等が見込めますが、通勤にかかる時間が長すぎるとそれだけで大変です。
市営地下鉄などのように公共交通機関が充実している地域から出勤できればある程度は楽になります。この他にも週休で休めるのは何日なのかなどの労働条件と雇用保険及び社会保険、厚生年金への加入などを考える必要があります。
いくら給料が高くてもこれらへの加入がない場合特に規模が小さい診療所に至っては、加入の義務がない場合があり得ますので、注意を要します。

求人情報や転職時の採用情報では厚生年金などへの加入について説明がありますので必ず確認をすることが必要です。
給与額が多少少ないように見えてもこうした社会保険や厚生年金への加入はメリットが大きく見逃せない要素になります。また残業時間とその手当についても確認をする必要があり特に残務整理などは注意が必要です。

カルテの整理などが求められる場合や終業後の清掃活動なども勤務に入りますので賃金として確保されているかどうか確認を要します。

パートと正社員、働くならちどちら?

パート歯科衛生士なら長い休憩時間を有効利用

歯科衛生士の働き方の1つが、パートで働くことです。パートで働くことの最大のメリットが、時間の自由があるという点です。

普通の企業で働く場合であれば、土日が休みと週休2日制で休みがわかりやすいということもあるでしょう。
しかし歯科衛生士のようなクリニックで働く場合、土日と休みが固定されているとは限りません。クリニックの休みは水曜と日曜というような形のため、週休が固定されていないこともあります。

パート歯科衛生士におけるポイントの1つが、フルタイムで働く必要がないという点です。
クリニックの場合、午前か午後のみなどの働き方の選択も可能です。午前や午後のみのようなスタイルで働くことで、ライフスタイルに合わせた働き方が選択できます。

転職して歯科衛生士のパートタイムで働く場合、仕事の経験者であれば時給も未経験の方より高くなります。
経験をいかして、自分に合った形で働けるパートタイムの歯科衛生士の仕事を探せます。歯科クリニックは、毎年新しいクリニックがオープンするなど数が増えています。そのため仕事を探すことで、自分のライフスタイルに合った働き方ができる職場を探すことにつながります。

正社員の歯科衛生士なら給料が断然イイ!

歯科衛生士として働くとき、収入を優先したいという方も多くいるでしょう。
そのような方はパートタイムで働くのではなく、正社員として働くのも1つの手です。

正社員のほうが高い収入が期待できることは、ほかの仕事と変わりありません。

例えば東京都に住んでいる方の中には、市営地下鉄を移動に使っている方もいます。クリニックで働くなら、家から一番近いクリニックを選びたいと思う方もいるかもしれません。
ですがクリニックが家から少し離れたクリニックであったとしても、正社員の歯科衛生士の仕事を探すことで安定した収入を得ることにつながります。

例えばパートタイムで働く歯科衛生士の場合、給料は時給1000円程度です。一方で正社員で歯科衛生士として働く場合であれば、月収20万円以上が期待できます。

このように正社員として働くと、パートタイムよりも安定して高い給料につながります。また正社員として働くと、給料の面以外でも待遇が安定しているなどのメリットがあげられます。

実際に仕事を探すのであれば、働き方の違いによってどのようなメリットがあるのか把握したうえで働くことも忘れないようにしましょう。

転職はステップアップにつながる?歯科衛生士の「成長」を考える

歯科衛生士の職場選び、求人票のどこを見ればいい?

歯科衛生士として働く職場を選ぶ際、まずは求人票を確認しながら内容をよく確認することになります。

人によっては「給料」「勤務時間」などしか確認せずに選んでしまうこともありますが、これでは転職を成功させることは非常に困難です。
たしかに給料や勤務時間などは非常に大切な要素ではあるのですが、それだけで仕事を決めてしまうのは早計といえるでしょう。

まず、求人票の中で確認しなければいけないことは、すでに登場している通り「給料」「勤務時間」などのごく基本的な内容です。

世の中には、「お金よりもやりがいのある仕事をしたい」と考えている人や、報酬云々ではなく「患者のために尽力できる環境」を求める人もいます。
非常に高尚で崇高な精神といえなくもありませんが、それができる人はほんの一握りに過ぎません。

もし、そういった思想を持っているならば問題はありません。
ただ、「生活を良くしたい」「歯科医として、スタッフとして成長したい」といった希望を持っているのであれば、報酬などだけではなく「仕事内容と職場環境」をしっかりと確認することが大切です。

自身が想定している仕事ができるのかどうか、患者とのコミュニケーションはどういった形なのかなどを確認しましょう。

ステップアップできる歯科医院・歯科衛生士の仕事

「医師」という職業は、総じて人の役に立つ存在です。
これは紛れもない事実であり、全世界的に医師の存在は貴重です。

外科医、内科医など「花形」といえる存在はもちろんですが、歯科医師や歯科助手なども当然のように貴重な存在です。
そんな状況だからこそ、本来は非常に良い待遇で扱われるはずなのに、状況次第ではそうならないことが問題です。

将来的にどういった仕事をしたいのかというビジョンを持っていると、それに合わせて働く環境を選択しやすくなります。
「とにかく収入を増やしたい」というならばその目標を叶えられるような「給与体系が充実している職場」を選べば良いです。

しかし、「医師としてステップアップしたい」という目的がある場合には、そう簡単にはいきません。

どういった医師になりたいのかによりますが、いわゆる「患者と近い存在」であることを意識するのであれば、大きな病院などよりも地域に密着した歯科医院の方がメリットが大きくなる可能性があります。

ただ、より多くの人に対して貢献できる環境を求めるのであれば、より大きな人たちに対して影響を与えられる環境を選択した方が賢明です。

資格取得に必要な学校について

歯科衛生士になるための大学の偏差値はどれくらい?

歯科衛生士国家試験の受験資格に設けられた学校には、文部科学大臣が指定をした歯科衛生士学校、都道府県知事指定の歯科衛生士養成所、外国の歯科衛生士学校の3種類があり、大学は文部科学大臣が指定を行う学校の1つです。

文部科学大臣が指定をする学校には、国立大学4校、公立大学3校、私立大学2校、公立短大2校、私立短大12校、私立専修学校7校があります。大学の場合には全て4年生大学となり、まず、国立では東京都、新潟県、広島県、徳島県に1大学ずつが指定を受けています。

偏差値に関しては、東京が歯学部口腔保健学科口腔保健衛生学専攻(前)53 (後)52、新潟が歯学部口腔生命福祉学科(前)53、広島が歯学部口腔保健学科口腔保健学専攻(前53)、徳島では歯学部口腔保健学科(前)51、(後)55となっています。

公立大学は埼玉県、千葉県、福岡県に1大学ずつ指定を受けており、偏差値は、埼玉では保険医療福祉学部保険開発学科口腔保健学専攻(前)52(後)55、千葉が健康科学部歯科衛生学科(前)50、福岡では歯学部口腔保健学科(前)49となります。

私立大学は大阪府と熊本県で1大学ずつが指定されており、大阪では看護保険学部口腔保健学科(セ・Ⅰ期)52(Ⅰ期)50、熊本は看護福祉学部口腔保健学科(セ・前)50(前)48の偏差値になっています。

歯科衛生士になるための医療系専門学校に入るのは難しい?

歯科衛生士になるには、文部科学大臣が指定をする学校を卒業する他に都道府県知事が指定をする養成所があり、多くは歯科衛生士専門学校として各県に設けられています。

専門学校は非常に数が多く、経営母体も財団法人をはじめとして、社団法人、学校法人、医療法人など様々です。

専門学校の難易度は高くなく、学校によっては一般入試の他に、AO入試、公募推薦、指定校推薦、自己推薦、社会人入試などを設けているところもあり、入学しやすいという特徴があります。
また、募集人員は記載されているものの人員オーバーでも柔軟に対処をしている学校も多く、大学入試のように偏差値をさほど考慮しなくても挑戦をすることができます

カリキュラムは専門学校によって違いあるものの、主に、総合教育分野と専門教育分野の2つから成り、専門教育分野には実際の技術に関する内容を学ぶことができます。
また、専門教育分野には専門支持科目と専門展開部門の2つがあり、展開部門には、歯科予防処置や保険指導、歯科医師の診療補助などの様々な実習が組み込まれています。

専門学校に入ることは難しくはありませんが留意点もあり、卒業までには相応の努力が必要となることを認識しておく必要があります。

期間は3年間であり、ここでは歯科衛生士になるというモチベーションを持ち続けることが求められます。

歯科衛生士の求人応募の前に確認したいこと

歯科衛生士の求人応募の前に歯科医院を見学

一般企業では求人応募の前に見学を行っている会社は少ないですが、歯科医院では事前見学を受け入れているところが少なくありません。

もし、気になる歯科医院がある場合は、求人応募の前にまず見学の申し込みすることをおすすめします。
その際、申し込みは電話のことが多いと思いますが、なるべくお昼休みに電話し、仕事の邪魔をしないことが大切です。見学の日当日には、持っている人は白衣と同じ日に面接がなくても履歴書を持参しましょう。

もし、見学した歯科医院を気に入った時にはその場で面接の申し込みをするためです。
歯科医院の見学する際には、院長、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、受付など、どのようなスタッフが働いているのか、スタッフ間のコミュニケーションは良さそうか、まず確認することが大切です。

また、院内の雰囲気や患者さんの健康を守る衛生面や滅菌に関してどの程度配慮されているのかも気になるところです。

そのほか、見学が短い時間であっても、どういった年代の患者さんが多いのか、混み具合はどうか、どのような治療を行っているのかなど、ホームページや求人票では得られない情報を自分の目できちんと確認してくることが大切です。

歯科医院で歯科衛生士になりたい!面接で聞かれる質問内容は?

歯科衛生士の面接でよく聞かれることは、まず、なぜこの歯科医院を選んだのか、なぜ歯科衛生士という仕事を選んだのか、といった志望動機に関する基本的な質問は必ず聞かれます。

志望動機に関する質問では、応募した歯科医院のどこに魅力を感じたのか、どのような貢献をしていきたいのか、歯科衛生士としてどう成長していきたいのかなど、きちんと伝えることが大切です。
これまで別の歯科医院で働いていた場合には、経歴や仕事内容、退職理由なども聞かれると考えられますので、面接相手が納得するような説明を心がけましょう。

また、給与額や残業への対応、出社開始日など希望する勤務条件も双方にとって重要なことですので、自分の希望を事前にきちんと整理しておくことが大切です。
志望動機や勤務条件に関する質問のほかには、応募者の人物に関する質問をされるケースも少なくありません。

例えば、長所や短所など、どのような性格なのかという質問です。

長所と少し似ていますが、あなたの強みについて聞かれることもあります。
その場合は、意欲を伝えるだけでなく、長所や強みがどう仕事に活かせるのかまできちんと自己分析した上で面接に臨むことが大切です。

歯科衛生士として働く

歯科衛生士の国家試験を合格したら求人はどれくらいある?

歯科医院は多くあり、様々な医院で求人募集をおこなっています。

求人には国家資格が必要な歯科医や歯科衛生士などや、医院の受付など事務職の募集もあります。交通の面などで移動が大変な場所などそのような点に目をつむれば、歯科衛生士の求人は多いです。
しかし、その際に問題になるのが専門学校などのキャンパスに通っている学生の就職活動になります。

学生が就職活動を行う時期は、新卒の採用を行うか行わないかが決まってくる、9月から10月からがちょうどいい時期になりますが、年明けに行われる国家試験のことも考慮しなければいけません。
そのため、試験対策を行うためにも12月には面接を終えて就職先を決定できていることが理想的になります。

そして、ここで注意することが内定が決まるのは、歯科衛生士の国家試験に合格することが前提であるということです。
いくら内定が決まっていても、国家試験に落ちてしまっては意味がありません

このようなことがあるので、就職活動は試験が終わってから行う人も一定数はいます。

歯科衛生士の資格がなければ、歯科衛生士として働くことはできないので、この点に注意しましょう。

試験に合格すれば歯科衛生士として歯科医院からの求人が多くある

歯科衛生士の国家試験に合格すれば、歯科医院から求人は多くあるので応募し放題に思えますが、新卒かそうでないかで注意が必要になります。

新卒の場合には、歯科衛生士として働いた経験がないので、医院側で受け入れ態勢や教育の体制が整っていることが重要です。
そのためには、新卒募集を行っている医院を選ぶ必要があります。

新卒募集でない場合、教育体制が整っていなかったり業務に関する相談ができなかったりなど、未経験の場合にはつらい職場になってしまうこともあるので、気をつけましょう。

経験者の場合でも注意が必要であり、それはブランクがある場合です。歯科診療技術は時代と共に技術の向上や知識などが変化していきます。
そのため、ブランクがある場合は講習会などに参加して、再度勉強して復習したり新しい知識や技術を身に付けることが必要になったりもします。

このようなことがあるので、歯科衛生士の資格を取得したからと言って、必ずしも就職できるとは限らないので気をつけるようにしましょう。

経験者は今までの経験と、そして新しい知識などを向上心を持って身に付け、仕事に取り組む姿勢が大切になります。

歯科衛生士の求人状況

英語ができる歯科衛生士の求人はある?

近年、日本は海外からの観光客の数が多くなっています。
国の政策でも各市町村での誘致を行っている事もあり、年々その数は増え続けています。

また、2020年の東京オリンピックに向けて様々な準備が行われている事を考えるとここ数年は非常に多くの外国人が日本を訪れるでしょう。
その為、歯科医院のあり方としても日本人を対象にするだけでなく、外国人にも少なからず対応する事ができなければなりません。

そこで、歯科衛生士の求人としても、必須ではないものの、英語ができた方がより良い条件の求人にたどり着く可能性が出てきます。
特に、東京や大阪、京都など観光地が多く、世界的にも知られているようなエリアでは、クリニックのあり方として様々なイレギュラーな案件にも対応できる事が求められます

実際、海外から来られる方は、日本という風土に体が急に適用できない場合が非常に多く、病院や歯科医院の利用が増えています。

その為、多くの医療機関が掲載されているような大手の求人、転職サイトに登録する際に、自分の個人プロフィールなどを入力する際には、自分の有する資格として英語力を申告する項目もあります。

産後でも経験年数があれば歯科衛生士として勤務できる?

結婚や妊娠を機に歯科衛生士を休職してしまった方の中には、3語などに少し落ち着いてきたので現場に復帰したいという方もおられると思います。
そのような方でも、勤続年数が長ければ長いほど、求人の数は多くあります

歯科助手に比べ歯科衛生士は、歯科医院で行える医療行為の幅が広いため、需要としては非常に多いと言えます。
歯科医師のサポートとして診療する事もできます。
また月給など待遇面に関しても、歯科助手に比べて安定していますし、1か所のクリニックだけで働くのに抵抗があるのであれば派遣として複数の勤務先で働く事も可能ですので、選択肢としてはかなり多いはずです。

効率的に歯科衛生士としての働き口を探したいのであれば、求人サイトを利用した方が良いです。
多くの候補先から希望エリアや希望待遇など自分の条件を元に最適な勤務先を見つける事ができます。
自分だけで見つけようとするとホームページなどの採用情報などを一つ一つチェックしながら行わなければなりませんし、ホームページ上の情報というのは誰でも閲覧できるので詳細な条件などを把握できない事も多いです。

求人サイトを利用しながら自分に最適な勤務先を見つけましょう。

歯科衛生士になるために

歯科衛生士になるために専門学校や短期大学で学ぶ

歯科衛生士となる為の学ぶ場の中心は主に専門学校や短期大学となります。

専門学校の場合、3年制の昼間部が主流ではありますが、社会人の方が通う事を考慮している学校の場合は夜間部の設置が増えています。
学費は3年間で250万円から300万円ですが、あくまでも平均値ですので、学校によって違いがあります。
また歯科衛生士になる為の資格を得るためのサポート体制に関しても学校によって様々です。

専門学校とは別に大学や短期大学でも歯科衛生士を目指すことができます。4年制の大学は歯学部口腔保健学科や、歯学部口腔健康学科がある大学、短大の場合は3年制の短期大学となります。

進路の選択で、4年制の大学を選ぶか3年制の短期大学や専門学校を選ぶか迷う場合があると思いますが、資格取得に関して、また就職する際の有利不利などはありませんので、違いはほとんどないと言っても過言ではありません。

大学のキャンパスでは多くの事を学ぶ事ができますが、3年制の短期大学や専門学校であれば、早く実習として現場に出ることができますので、多くの経験を積むことができます。

自分の目標を熟慮した上で学校を選びましょう。

学科で歯科衛生士の専門的知識を学ぶ

歯学科では、大きく分けて基礎分野、専門基礎分野、専門分野を学びます。基礎分野では、一般教養や社会福祉学、コミュニケーション論や歯科英語、自然科学の生物などを学びます。

最近では多くの外国人が日本を訪れていますので、英語などを学ぶ必要性が高まっています

専門基礎分野では、歯や口腔の事だけ学ぶのではなく、消化器、肺、脳や神経についても学ばなければなりません。
また解剖学や薬理学に関しての知識も得なければなりません。専門分野では、歯科衛生士として働くための知識を学びます。

歯科衛生士概論や保存修復学、歯内療法学、口腔外科学、歯科材料学、歯科放射線学、栄養指導学、高齢者歯科学など歯科衛生士として歯科医院などで働く為の知識を学びます。
どの学校で学ぶ事を選択したとしても、入学する為には入試を通過しなければなりません。

平成30年度の入学願書は学校事に提出期限が違いますので、自分が行きたいと思う学校をみつけたなら詳しい情報などを早めに集めておいた方が賢明です。

学校によって入試の傾向なども違いがありますので、将来の職業として歯科衛生士を目指す為の準備はしっかりと行いましょう。