歯科衛生士の求人応募の前に確認したいこと

歯科衛生士の求人応募の前に歯科医院を見学!

一般企業では求人応募の前に見学を行っている会社は少ないですが、歯科医院では事前見学を受け入れているところが少なくありません。
もし、気になる歯科医院がある場合は、求人応募の前にまず見学の申し込みすることをおすすめします。その際、申し込みは電話のことが多いと思いますが、なるべくお昼休みに電話し、仕事の邪魔をしないことが大切です。見学の日当日には、持っている人は白衣と同じ日に面接がなくても履歴書を持参しましょう。
もし、見学した歯科医院を気に入った時にはその場で面接の申し込みをするためです。

歯科医院の見学する際には、院長、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、受付など、どのようなスタッフが働いているのか、スタッフ間のコミュニケーションは良さそうか、まず確認することが大切です。
また、院内の雰囲気や患者さんの健康を守る衛生面や滅菌に関してどの程度配慮されているのかも気になるところです。

そのほか、見学が短い時間であっても、どういった年代の患者さんが多いのか、混み具合はどうか、どのような治療を行っているのかなど、ホームページや求人票では得られない情報を自分の目できちんと確認してくることが大切です。

歯科医院で歯科衛生士になりたい!面接で聞かれる質問内容は?

歯科衛生士の面接でよく聞かれることは、まず、なぜこの歯科医院を選んだのか、なぜ歯科衛生士という仕事を選んだのか、といった志望動機に関する基本的な質問は必ず聞かれます。
志望動機に関する質問では、応募した歯科医院のどこに魅力を感じたのか、どのような貢献をしていきたいのか、歯科衛生士としてどう成長していきたいのかなど、きちんと伝えることが大切です。

これまで別の歯科医院で働いていた場合には、経歴や仕事内容、退職理由なども聞かれると考えられますので、面接相手が納得するような説明を心がけましょう。
また、給与額や残業への対応、出社開始日など希望する勤務条件も双方にとって重要なことですので、自分の希望を事前にきちんと整理しておくことが大切です。志望動機や勤務条件に関する質問のほかには、応募者の人物に関する質問をされるケースも少なくありません。

例えば、長所や短所など、どのような性格なのかという質問です。長所と少し似ていますが、あなたの強みについて聞かれることもあります。その場合は、意欲を伝えるだけでなく、長所や強みがどう仕事に活かせるのかまできちんと自己分析した上で面接に臨むことが大切です。