歯科衛生士になるために

歯科衛生士になるために専門学校や短期大学で学ぶ

歯科衛生士となる為の学ぶ場の中心は主に専門学校や短期大学となります。
専門学校の場合、3年制の昼間部が主流ではありますが、社会人の方が通う事を考慮している学校の場合は夜間部の設置が増えています。学費は3年間で250万円から300万円ですが、あくまでも平均値ですので、学校によって違いがあります。また歯科衛生士になる為の資格を得るためのサポート体制に関しても学校によって様々です。
専門学校とは別に大学や短期大学でも歯科衛生士を目指すことができます。4年制の大学は歯学部口腔保健学科や、歯学部口腔健康学科がある大学、短大の場合は3年制の短期大学となります。進路の選択で、4年制の大学を選ぶか3年制の短期大学や専門学校を選ぶか迷う場合があると思いますが、資格取得に関して、また就職する際の有利不利などはありませんので、違いはほとんどないと言っても過言ではありません。
大学のキャンパスでは多くの事を学ぶ事ができますが、3年制の短期大学や専門学校であれば、早く実習として現場に出ることができますので、多くの経験を積むことができます。自分の目標を熟慮した上で学校を選びましょう。

学科で歯科衛生士の専門的知識を学ぶ

歯学科では、大きく分けて基礎分野、専門基礎分野、専門分野を学びます。基礎分野では、一般教養や社会福祉学、コミュニケーション論や歯科英語、自然科学の生物などを学びます。最近では多くの外国人が日本を訪れていますので、英語などを学ぶ必要性が高まっています。専門基礎分野では、歯や口腔の事だけ学ぶのではなく、消化器、肺、脳や神経についても学ばなければなりません。また解剖学や薬理学に関しての知識も得なければなりません。専門分野では、歯科衛生士として働くための知識を学びます。歯科衛生士概論や保存修復学、歯内療法学、口腔外科学、歯科材料学、歯科放射線学、栄養指導学、高齢者歯科学など歯科衛生士として歯科医院などで働く為の知識を学びます。どの学校で学ぶ事を選択したとしても、入学する為には入試を通過しなければなりません。平成30年度の入学願書は学校事に提出期限が違いますので、自分が行きたいと思う学校をみつけたなら詳しい情報などを早めに集めておいた方が賢明です。学校によって入試の傾向なども違いがありますので、将来の職業として歯科衛生士を目指す為の準備はしっかりと行いましょう。